このエントリーをはてなブックマークに追加

国内でバイリンガル

全く言葉を発することができない赤ん坊が、生後わずか3年できちんとした文章を話すようになるわけです。
子供が3歳にもなれば、日本語に関してはかなりしっかりとお話が出来るようになっているでしょう。
それも、時制の部分や、接続詞、時々は間違えるにしてもかなり正確に扱えるようになっています。
このような母国語の言語習得に注目し、幼少期の間に多言語を習得できないだろうかという研究がなされていました。
それが現在では広く受け入れられ、一般家庭でもバイリンガル教育に取り組む家庭が増えてきています。
英会話を習得するには親が英語をしゃべれなければならないのではないかといった固定観念があるかもしれません。
また留学をしなければネイティブ並みの英語能力を身につけるのは難しいのではないかと思う方も多いでしょう。
しかし、現に日本に住んでいながら、また両親が英語をしゃべれなくても子供がネイティブ並みの英会話を取得している家庭がいくつもあるのです。
それが近年多くの家庭で行われている親子英語という取り組です。
これは家庭の中で、英語環境を作ってあげるというものです。
幼児期の言語習得で不可欠な物は家庭内における言語環境においてがすべてなのです。
実際に日本で生まれていれば、両親が話す日本語、テレビやラジオなど様々なメディアから発せられる日本語、外に行けば周囲の人々が話す日本語など、実に様々な場面で日本語を耳にし、習得していきます。
もしも日本人であったとしても、生まれた環境が英語圏であれば、周囲から耳にする言語は英語が殆どとなってきます。
幼稚園などに通いだせば、周囲から習得する英語によって、日本語よりも英語の方が上手になってくるかもしれません。
これらはすべて周りから聞こえてくる言語環境がすべてのベースとなっていると考えられています。
大変多くの音声をインプットすることによって、それがアウトプットへとつながるわけです。
日本語のシャワーをあびていれば、それが日本語を会話という形で発せられるようになり、英語のシャワーを浴び続ける環境では英会話を発話すうようになってくるわけです。
もしも日本に住んでいながらこのような英語圏にて生活している英語環境をつくりだすことは可能なのでしょうか。
それは家庭内の中で常に英語という音が耳に入ってくる環境を作り出すことなのです。
有名なところでは、七田式や、ベネッセのワールドワイド、ディズニーのDWEなど様々な教材を販売しています。
Search



Copyright (C)2018いろいろあります☆英会話スクール〜自分に合ったレッスン選ぼ〜.All rights reserved.