このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭で英語環境を作る

英語育児の中で有名な教材の中に七田式や、ベネッセのワールドワイド、ディズニーのDWEなどといったものがたくさんあります。
価格は別として、これらの教材は英語力を取得する上で大変すばらしい教材であると定評です。
これらの教材を利用する上でいわれていることは、インプットを増やすために家庭内で常に英語のCDをかけながすということがいわれています。
遊んでいるときなど、そのCDがかかっているときに耳を傾けていなくても、無意識の中で、子供は音を拾い、聞いているといわれています。
その結果、脳に英語回線ができあがり、英会話を発話するようになるといわれています。
例えば食事中であったり、絵本を読んでいるときでもかまいません。
何か別の勉強に集中して取り組んでいるときでもよいようです。
他の事に集中していて、まったく意味がないのではと疑問に思う方もいるかもしれません。
しかし、この無意識の段階で、全く意識していなくても耳に入ってくるという状態が英語回線を作る上で重要なのです。
逆に耳に入れようと大きな音でかけながすと、逆に意識して聞くようになってしまうので、意味がありません。
あくまでも無意識で音が入ってくるというBGMのような感じで考えればよいのです。
親としては不安ですよね、全く効果がないのではないかと思ってしまうかもしれません。
目に見える発話はすぐにはあらわれません。
地道に信じ、続けることが必要なわけです。
また本当に覚えたのか確認で効いたり、テストをしてみたくなる衝動にもかられるでしょう。
しかし、それが子供が嫌がったりする結果につながるようであれば無理強いはせずやめるようにしましょう。
音声でたっぷりインプットした後は、映像でその内容を結びつけることで内容を理解し、より太く英語力を身につけることができるでしょう。
このような取り組みでたくさんの英語のシャワーをあびた子供は、英語力を脳の中にたっぷりとつまった状態となります。
それを英会話として発話に導くためには、例えば親の語りかけが重要なキーを担います。
親としては英語がぺらぺらであれば問題はありませんが、全くの英会話能力がない、発音も全くの日本人であるのなら、子供に自身の間違った英語を聞かれたくないと思う方もいるかもしれません。
せっかく耳のよい子供が自身の汚い英語発音を真似てしまっては大変だと思う方も多いはずです。
しかし、この点に関してはあまり深く心配する必要もありません。

語学・英会話に関わる話は、深く知るならココがイチオシです

Search



Copyright (C)2018いろいろあります☆英会話スクール〜自分に合ったレッスン選ぼ〜.All rights reserved.