このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインスクールの是非

子供の英語脳を作り上げるためには、家庭内で英語圏にいるのと同じような環境をつくりあげればよかったということがわかりましたね。
英語の音声を常にかけ流すことで、たくさんの英語をインプットさせるわけです。
しかし英会話、発話の部分は促さなければ、なかなか見ることはできないかもしれません。
例えばたくさんの英語のシャワーをあびても、英語を話す場面がなければ英会話力は伸びません。
英会話を伸ばす上で、まず大切なのは親の語りかけにあります。
英語の発音が日本人のそれであっても、またネイティブのように流暢にしゃべることはもちろん、センテンスで話すのも正しいのかどうかと自信のない方でも、子供が英語を話すよう語りかけてあげるのは、幼少期には大切なことです。
その後は、英会話教室に通うなり、近年ではインターネット英会話などでそのアウトプットの場を設ける方も多くなってきています。
インターネット英会話の質は様々です。
それこそ、帰国子女を対象とし、講師はネイティブ、個人個人のレベルに応じたカリキュラムをたてる日本人スタッフが在籍など大変質の高い英会話スクールから、とにかく安い、1回のレッスン100円を切るスクールは、フィリピン講師を利用し一日2回、50分のレッスンを毎日受けても6,000円ほどというところもあります。
安いので質はどうかと心配にはなりますが、どこにスクールでもいえるように、スクールで確保している講師がすべて自信にぴったりあうというわけではありません。
自信の求める、自身の性格にマッチするそんな講師をスクールを選択した後に発掘していかなければならないのです。
もしもお気に入りの講師がたった一人しかいない場合は危険です。
講師が急にスクールを退職した日には、そこからどの講師でレッスンを受けようかと途方にくれ、また一から講師探しを行わなければなりません。
なので自身の行うインターネット英会話スクールにおいて、常にお気に入りの講師を3人くらいは確保しておくべきといえるでしょう。
そうすることで、もしも自信が望む日に一番お気に入りの講師が、予約で埋まっていれば、別のお気に入りの講師を代用すればよいのです。
講師選びは地道で中々ヒットする講師に当たらない場合も多いかもしれません。
ですが、直感で何となくよかったと思える講師ならば数回受講し、相性を図るのもお勧めですね。
毎日25分の発話だけではもちろん英語の鉄人とはなれません。
このインターネット英会話はあくまで発話を促す景気だと考えましょう。
Search



Copyright (C)2018いろいろあります☆英会話スクール〜自分に合ったレッスン選ぼ〜.All rights reserved.